人脈をうまく利用して有利に就職

先ほど、建設業界の求人は、フリーペーパーや新聞、インターネットサイトで探すことができるとお伝えしましたが、実はそれだけではありません。

人脈から求人を得ることも十分可能。

建設業界は、大々的に就職・転職イベントに参加したり、大手キャリアコンサルタントを利用したりすることは、他の業界に比べるとあまりありません。

地域の求人情報誌に求人を掲載していることはよくありますが、就業者の大半は人脈で入社している会社も多く存在します。

そのため、建設業界へ飛び込むなら、既にある人脈を利用するのもアリ。

既にある人脈とは、かつての仕事仲間や上司、かつての取引先、学生時代の友人や恩師、趣味サークルの仲間などなど、いろいろあると思います。

その人自体が建設業界に関わりがなかったとしても、その人の知り合いが何か関わりを持っているかもしれません。

建設業界で仕事をすることを希望するのであれば、できるだけ友人・知人に相談してみましょう。

もしかすると、あなたにとって何か良い情報が得られるかもしれません。

また、就職・転職をしながら人脈をつくっていくというのも良い方法。

個人経営の会社に応募する場合はあまりないかもしれませんが、大手建設会社を受ける場合は、他にも応募者がいるはず。

その人たちと仲良くなり、情報交換していくことで、知りたかった情報をゲットできる可能性があります。

人脈は、直接就職に繋がらなくても、つくっておくとあらゆる情報を入手することができます。

ぜひ意識的に人脈を広げるように行動してください。

Comments are closed.