建設業界の仕事を知る

求人数が増えて、活気があると言われる建設業界。

就職や転職を考えるのであれば狙い目ですが、何も知らないまま求人を探してチャレンジするのはちょっと無謀です。

まずはどんな職種があるのかを把握しておきましょう。

たとえば、「建築施工管理」は建築現場のディレクター的役割をする仕事です。

設計図を確認しながら職人さんたちに指示をし、指示した内容をチェックしながら、完成まで持っていきます。

職人さんたちを円滑に回すだけでなく、顧客とのやり取りも任されるため、責任重大ではありますが、イメージ通りに建築物が出来上がったときには何とも言えないやりがいを感じるようです。

また、「土木工事」は、建物を作るための木材を運んだり、重機を動かせたりする仕事。

なんとも重労働な感じがしますが、未経験者や無資格者でも採用されやすく、現場は若手技術者員が多いため、活気があります。

経験を積んで、資格を取っていくことで、ゆくゆくは現場監督になることも可能です。

「塗装工事」は、住宅の外壁や屋根の塗装をする仕事です。

土木工事に比べると力仕事は少ないのが利点。

ただ、入ってすぐにできる仕事は少なく、経験能力が上がるまでは見習いとなることがほとんどです。

しかし、技術と経験さえ積めば、いずれは独立することも視野に入れることができます。

他にも、「電気工事施工管理」や「内装工事」、「道路通信インフラ工事」、「造園工事」などなど、建設業界にはたくさんの職種があります。

情報誌などでチェックしましょう。

Comments are closed.